母の日に感動のサプライズを企画。お世話になってる母を絶対泣かす!

スポンサーリンク

母の日に感動のサプライズを企画。お世話になってる母を絶対泣かす!

突然ですがみなさんはこの動画をご存知でしょうか。

365日24時間休みなしで働く仕事の面接。

私はこの動画が大好きです。

365日年中無休、24時間、もちろん寝ている時まで母親は母親なんです。

父親がどれだけ頑張っているかは数字としてわかりますが、母親の頑張りは目には見えづらいもの。

しかし、感謝しない人はいないでしょう。

今回は5/8に向けていつもお世話になっている母親にサプライズを仕掛けます。

目標は『絶対泣かす!』

参考にしたのはこちらの動画。

  1. ターゲットに映画館の予告編を見せる。
  2. 予告編では様々なシーンで走る男の後姿(彼氏)。
  3. すると今いるはずの映画館に走ってくるその男。
  4. そして実際の映画館に彼が辿り着き、プロポーズ。

こんな感じの動画を撮影し、自宅で母へ感謝を込めたサプライズ!という計画です。

前提条件

このサプライズを仕掛けるにあたり、母親がYOUTUBE好きではないことが大切。

母親がユーチューバーなんてもっての外!←ないと思いますがw

上記の動画は超有名なので私のように年中話題の動画をチェックしているようなお母様だとすぐに気付いてしまうでしょう。

その点、うちの母親は安心。

最近になってスマホに替えたばかり、機械音痴でテレビに撮影した動画を流せることも知らないでしょう。

撮影チャンス

今回は作業の簡略化の為、階段を駆け上がるシーンまで事前に撮っておきます。

リアルタイムで駆け上がるシーンを繋ぐには準備が必要なので。

有り難いことに母親は今頃フランス。

毎年この時期になると老後の楽しみと両親は海外旅行に出かけています。

これほど都合のいいチャンスはもうありません。

臨場感

撮影ですが臨場感を出すために母の全く知らない場所からスタートします。

そして徐々に知っている可能性の高い場所に移動していき、最後に自宅の階段を駆け上がるシーンを撮ります。

こうすることで映画の予告と完全に信じ込んだ状態から『あれ?この場所知ってる…この近くだ。あ、あれ?これってもしかして…』となるわけです。

また、いきなりその動画を流すのは不自然なので本編の前に本物の予告編をいくつか撮っておき、『東映』や『松竹』などの本物のロゴを使います。(※動画をアップロードすると捕まりますので個人利用だけにして下さい。)

では完成した動画をご覧ください!

ってやると私も捕まりますw

母の日感動のサプライズまとめ

当日どうなるんでしょうね。

泣くかなw

階段を駆け上がった後、手紙を読む予定ですがそっちはまだ書いていません。

その出来次第…

いつもカーネーションやプリザーブドフラワーを渡すだけの方、今年の母の日は是非サプライズを仕掛けてみませんか?

上記方法でも知らない場所の撮影だけできればあとの編集などは数分でできる作業です。

パソコンとデジカメはもちろん、スマホ一つでもできますので是非チャレンジしてみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でSILVER NOTESをフォローしよう!