最新版【SEOに良いブログの更新頻度を調査した結果】2015年10月

スポンサーリンク

ブログ開設当初の更新すべき頻度は?

WordPressを始めて1ヶ月が経ちました。そこで、このブログの更新頻度とアクセスの関係、検索エンジンへの影響などを報告します。どんなやり方にしろ、最新のSEO結果ですのでアクセスを気にしながらページをガンガン立ち上げている方、アフィリエイトをこれから始める方のお役に少しでも立てればと書く事にしました。

WPブログ開設1ヶ月間のアクセス推移

アナリティクス10月25日

このWPブログは9/25開設、投稿しております10/25のちょうど一ヶ月前に作りました。作ったといっても記事ゼロの状態でプラグインの準備、テーマの編集や設定でかなり手間取っていましたが。初めてのアクセスがあったのは10/5、開設から10日後のことです。All in one SEO packで自分のアクセスに対するトラッキングはしない設定にしていますので本物の初めてのお客さんということになります。しかしこのアクセスは喜べないのです。

初めてのアクセスはブログランキングから

この初めてのアクセスは検索エンジンからのアクセスではないのです。ちょうど10/5に少し記事も書けてきたということで『人気ブログランキング』と『にほんブログ村』の登録をしています。そこからの流入で初めてのアクセスが生まれました。しかし前述の通り、このアクセスは喜べたものではありません。ただ登録したブログランキングサイトで露出した結果のアクセスなので。検索エンジンからのオーガニックなアクセスがあって初めて喜べるのです。そうすればSEOが効いてきた証拠ですから。開設当初に記事を蓄えた状態でインデックスに登録するつもりだったので予定通りの結果です。

ほぼ何もせずにインデックス登録されるまでに掛かった時間

サーチコンソールのインデックスされたページ数によると、10/11に6ページ、10/18に17ページになりました。10/11時点でブログのページ数は10ページなのに対して6ページの登録なので60%しかインデックス登録されていないことがわかります。その時点でサーチコンソールにエラーは出ていないので、ある程度のトラフィックがないと全てのページはインデックス登録されていないということでしょう。また、10/18時点での記事数は17ページと全てのページがインデックス登録されたことになります。しっかり全てのページがインデックス登録される為には20日以上は掛かるということでしょう。しかしこの結果は当ブログの『記事が揃うまであまり世に出したくない』という考えのもと、無料ブログやSNSでの集客を狙わなかったという条件付きの結果です。恐らく多くの拡散を受けている、または他サイトからのリンク等によってインデックス登録までの期間は短くなると思われます。

アクセスが激減した最後の谷は?

上のアナリティクス画像の中盤の高めの山はほとんどがフェイスブックやツイッター、無料ブログなどからのアクセスなのです。もちろんその間も記事は書き続けました。少し記事ができてきたので表に出してみよう、という結果です。1日に外部からの引き込み作業は長くて30分程度。ということは1日30分の作業でWPブログ開設1日目からでもアクセス100pv/日は可能ということです。しかし書き続けるタイプの検証だけでは面白くないと思い、外部での作業をやめ、記事を書くのを3日に1回に減らしてみました。もちろん外部からの流入がないのでpvは激減。結果、大きな谷となったわけです。しかし10/25時点で嬉しい変化が。オーガニックの新規セッションが増え始めたのです。これは記事を書き続けたことによってSEOが効いてきて掲載順位が上がってきたということです。もちろん記事を書き続ける方が良いとは思います。しかし以前定説となっていた3ヶ月~6ヶ月は書き続けないとSEOは効いてこないというのはもう少しナチュラルに変わってきているのかもしれませんね。もちろんペナルティを受けるような記事やSEOに悪影響を与えるような記事はダメで、質の高い記事を書き続けるというのが前提ではありますが。

まとめ

  • ある程度のトラフィックがないとインデックス登録に時間がかかる
  • 記事を書き続けるというSEO効果は以前よりもナチュラルになっている
  • 検索エンジン経由でなくても作業次第でアクセスアップは可能

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でSILVER NOTESをフォローしよう!