あんこの調理に使えると話題のキッチングッズ「キッチンドローンとは?」タケコプターみたい…

どうも、シルバーノートです。

なんだかこちらのブログに手が回らず、久しぶりの更新になってしまいました。

今はもう一つのブログのドラマ9が好調で先月は140万PVを越えました。

どうしてもあっちがメインになってしまいますが、こちらもちょこちょこ書いていきます。

さて、今回は料理好き男子の私がおもしろキッチングッズを紹介します。

私の料理好きを疑った方、残念です、私は面取りしちゃう系男子ですよ。

ではスタート!

まずは下の画像をご覧下さい。

突然ですが問題です…これは一体何でしょうか。

これは見ての通りイタリアで生まれたアイディアグッズなのですが日本のとある料理で大活躍すると話題になっています。

ヒント:商品名は「キッチンドローン」です。ドローンと言っても空撮はできません。

スポンサーリンク

あんこの調理に使えると話題のキッチングッズ「キッチンドローンとは?」

答えは、鍋用の「自動かき混ぜ機」でした。←わかるかw

そして日本のとある料理とは…あんこです。

この動画をご覧ください。

「あんこ調理中」ってなんだか違和感がある文章ですねw

さぁ、あんこを煮たことがある方ならわかると思いますがめっちゃ面倒です。

あんこは茹でた小豆に砂糖を入れた状態で20分ほど炊いて完成するのですがこの20分間は常にコゲとの戦いなんですよね。

砂糖を入れて鍋で煮るなんて自殺行為も同然です。

しかしキッチンドローンを使うと一切焦げ付かずにあんこが完成してしまいます。

おばあちゃんにプレゼントしたら喜ばれるかもしれませんね。

あんこなんて作らねーよ!という方に朗報!他にも使えます。

この商品、イタリア製なのであんこの為に作られたわけではありません。

元はリゾット、ソース、ジャムなどの為に開発されました。

ということは煮込み系の料理全般で活躍してくれるということです。

カレーとか肉じゃがとかにも使えそうですよね。

鍋はキッチンドローンに任せて別の料理を始められるので時短になります。

キッチンドローンを買う上での注意点

キッチンドローンには対応できる鍋の大きさが決まっています。

深さ7cm~13cmまで、直径16cm~24cmまでです。

といっても結構一般的な鍋のサイズに対応しているので「めちゃくちゃ深い煮込み鍋」とかには使えないということです。

イタリア製のキッチン家電、「どうせお高いんでしょう?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんがご安心下さい。

4990円ですm(__)m(北さん風ですが通販のような追加値引きはありません)

正直、高いか安いかは微妙なラインですが、時短できるということは使えば使うだけ時間が余るということです。

時は金なり、時間はいくらあっても困りません。

余った時間はドラマ9でも見て潰して下さい。←結局宣伝かよ

ご購入はこちら↓でどうぞ。


キッチンドローン

キッチンドローン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でSILVER NOTESをフォローしよう!