マイクロソフト【エルゴノミックキーボード4000】の使い方とレビュー!疲れないけど…

マイクロソフトのナチュラルエルゴノミックキーボード4000(Natural Ergonomic Keyboard 4000)を買ってみました。

何でも大きい物好きの私にとっては最高のキーボードです。

今までは付属のメンブレン式のキーボードだったのですがさすがに毎日数時間タイピングをするとなると負担が大きく、疲れます。

しかしパンタグラフは軽くて苦手ですしメカニカルはカチカチうるさい。

そこでこのキーボードに辿り着いたわけです。

もう一つ悩んだのがこれです。

ただワイヤレスは電池が必要なのと無線機器が多い場合、干渉なども心配です。

Natural Ergonomic Keyboard 4000は電池は要りませんし長時間の使用にも向いていると思います。

そして重さもあるので安定感があり良い感じです。

スポンサーリンク

マイクロソフトのナチュラルエルゴノミックキーボード4000の使い方とレビュー

デカいですね…21インチの液晶と同じ横幅、アームレストに手首を置けば一番奥まで届かない奥行です。

このエルゴノミックキーボード4000の特徴といえばやはりこの形状。

メインのキーの真ん中手前が大きく膨らんでおり、キーが内側に向かって設置されています。

これにより「手首が自然な形をとれるので疲れにくい」また、「ほとんど手首を動かさないで打鍵が可能」となっています。

また、マクロ使用可能なユーザーボタンや戻る進むボタン、タスクのタブ切り替えボタン、メールボタン、動画の再生や音量調節ボタン、ズームボタンなどいろいろあります。までできます。

裏の形状はこんな感じ。

奥側(画面下)には高さ調節、手前の足の部分も取り外しできそうです。

ボタン関係の設定などはマウスキーボードセンターにて行います。

  1. こちらにてダウンロード
  2. 規約に同意
  3. 最新版にチェックを入れてインストール

するとこのような画面で各ボタンの設定ができます。

かなり自由度は高いので使い勝手は良さそうですね。

打鍵は少し深くて重めだと感じましたがが低いの打鍵音が良い感じです。

ただボタン部分だけちょっと安っぽい銀色です、そこだけ残念でした。

マイクロソフトのアクセサリーって結構良いんですね。

ちょっと舐めてましたがこれが5000円ちょっと?この値段なら満足です。

手首の疲れも1~2時間では全く感じません。

キーボードをお求めの際には検討してみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でSILVER NOTESをフォローしよう!