『○○できたら告白する』は失敗フラグ。絶対モノにしたい告白の適切なタイミングとは?

スポンサーリンク

『○○できたら告白する』は失敗フラグ。絶対モノにしたい告白の適切なタイミングとは?

『○○できたら告白する』という言葉、最近ではタウンワークのCMなんかでも聞きました。

バスケ女子が『これが決まったら告白する…』というものです。

さて、一体この制約って何の為にあるんでしょうか?

一見すると踏み切れない気持ちを奮い立たせる切り札のように見えます。

でもこれは絶対成功したい告白ではやっちゃダメ。

告白には【適切なタイミング】もあれば【相手の都合】だってあるんですから。

クリスマス前に恋人をGETして楽しく過ごしたいという方も多いと思います。

今回はいつ告白したらいいのかというテーマでお送りします。

相手のことを一番に考えたタイミングで告白すること

告白するということは【自分の気持ちを相手に伝える】というブロックと【自分と付き合ってもらえないか質問する】というブロックの2つのパーツに分けられます。

自分の気持ちを相手に伝えるタイミング

ここで一番大切なのは【相手に意中の人や付き合っている人はいないのか】を確認すること。

当たり前のことながらするとしないでは大きな違いがあります。

もしも知らずに友達の恋人に告白していたりしたらその後の人間関係にも響きます。

そして付き合っている人がいるのか聞くタイミングは告白より前の方が良いです。

何故なら、『好きな人いる?』と聞くことで『なんでそんな事聞くんだろう。もしかして…』と相手に意識させることができるからです。

もしかして自分のことを好きなのかもしれないという意識を持つことで今まで以上に関心を向けることができます。

相手の意識が高まる距離感を大切にしながら最良のタイミングを見計らいましょう。

『付き合ってくれない?』と投げ掛けるタイミング

これは告白と同時に聞くのが一般的ですね。

この時、相手が恋愛できる状態かどうかという点だけ注意しましょう。

もしも相手に物凄く打ち込んでいること(仕事・部活・勉強)などがある場合、相手の妨げにならない自分でいられるか考えてみて下さい。

告白前には『もし付き合ったらこんな感じかな』という雰囲気作りをしておくこと。

そして明るい雰囲気を作っていた場合でも告白の時は真剣に。

ギャップは告白の大きな武器です。

急に正面を向いて真剣な顔を見るだけでドキッとすることってありますよね。

相手の方を向く動作を大げさにするのもオススメです。

花びら占いは絶対厳禁!

冒頭でも書きましたが告白のタイミングを占いで決めるなんて建設的ではありません。

昔のドラマでは花びらを1枚ずつ取って『好き・嫌い・好き・嫌い』と言いながら相手の自分への気持ちを占うなんていうシーンもありました。

夢のない話をすると花びらの数が偶数なら嫌いで終わるし奇数なら好きで終わる。

例えばコスモスは花びらが8枚だから確実に嫌いで終わるんです…相手はあなたの事が絶対嫌いと出る魔の花です。

たんぽぽでやれば花びらの数はわかりませんので運次第ですが数が多すぎてやってられません。

結局のところ、運任せにして思い切って告白しちゃおうという行動は相手はもちろん自分のことさえも差し置いたタイミングになってしまい、良い事はありません。

相手のことを思いやる気持ちは告白する前から、いつも意識しておきたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でSILVER NOTESをフォローしよう!