【白内障と目のかすみの違い】スマホの画面がぼやけたらすぐチェック

スポンサーリンク

白内障と目のかすみの違い

最近テレビで『若年性白内障』という言葉をよく聞きます。

白内障なんてじーちゃんばーちゃんがなるやつでしょー?なんて思っていたら20代の方でもなると知ってちょっと恐怖。

目がかすんで見えたり視力が最近悪くなった方は要チェック!

白内障とは…

目の中に『水晶体』というレンズがあるんですが、そのレンズ自体が白く濁ること。

一般的には紫外線など長年のダメージによって目のタンパク質に起こる劣化です。

これは加齢性のもので若い人は起こりにくい現象です。

若年性の場合、目への極端なダメージが与えられた時に起こります。

具体的には…

  • 目のケガ
  • 網膜剥離
  • ぶどう膜炎
  • ホルモン注射
  • ステロイド剤
  • 精神安定剤

など。薬剤系に関しては副作用として起こります。

また、小さい頃に目にケガをした方などは白内障になりやすくなります。

目のかすみとは…

『目がかすむ』ってよく聞きますがこの原因って考えたことありますか?

目のかすみは以下の原因で起こることが多いです。

  • 栄養が不十分
  • 目の酷使
  • ドライアイ
  • 老眼

仕事でパソコンを使わない人の方が珍しいくらい現代人は目を酷使しますし、周りを見てもビルばかりなので遠くを見る機会も少なく、目の筋肉が弱っています。

そして栄養不足。

皆さん『ルテイン』や『アスタキサンチン』はちゃんと摂れていますか?

何それって思った方は要注意!

そういった方には…

目の栄養ってなんぞやーっていう方に最近注目されているのが『ファンケルのえんきん』っていうサプリメント。


えんきん

えんきん

目のピント調節を助ける3つの栄養が含まれる機能性表示食品です。

機能性表示食品というのは消費者庁が安全性と機能性を認めた食品のことです。

パソコンやスマホを何時間も使う方に好評です。

1か月分1000円なので試してみて下さい。

白内障と目のかすみの違い

白内障は目のかすみの一部です。

しかし、手術が必要な病気でもあります。

白内障には一般的に以下の症状が現れます。

  • 視界が全体的にかすむ
  • 視力が低下する
  • 光をまぶしく感じる
  • 暗いときと明るいときで見え方が違う

これらに近い症状が出た時、まずは違う原因を潰していきましょう。

ほとんどの場合、目薬の塗布、目の筋肉のストレッチ(遠くと近くを交互に見る)や先ほどの『えんきん』などで栄養を摂ると解消されます。

白内障の手術

それでも治らなければ眼科で詳しくチェックしてみましょう。

もし白内障と診断されてもあまり気を負うことはありません。

日本人の3人に1人は受ける手術と言われているくらい一般的なものですから。

手術自体も簡単で15分くらいで済みます。

白内障の手術は濁った水晶体を抜いて人口の水晶体を入れ直します。

若い方なら良い水晶体を入れるといいかもしれません。

普通入れ直す水晶体は簡単なつくりなので焦点が合わないところがあるんですが、多焦点のレンズを入れれば焦点が合わせやすくなります。

まだ数十万円は掛かる手術ですがもう少しすれば安くなってくるかもしれません。

白内障や目のかすみまとめ

目を使わない日なんてありません。

そこにあって当たり前のものだから有難みをわすれがちな部位でもあります。

しかし自由を失った瞬間から、一番絶望し、後悔する部位でもあります。

そうならない為にも気を遣ってやりましょう。

使いすぎたな、と思ったら十分に休めて、栄養補給を欠かさずに。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でSILVER NOTESをフォローしよう!