おそ松さん19話冒頭の聖澤庄之助さんがカオス

スポンサーリンク

本当にやりやがった!聖澤庄之助さん!19話あらすじとみんなの声

前回18話のレース勝者『聖澤庄之助』が主役アニメがスタート?

白黒のおそ松くん時代を思い出す雰囲気で『しどう聖澤庄之助さん』のタイトル。

まさかと思ったが本当にやりやがったのでみんなの声をお届けします。

聖澤庄之助さんスタートに対するみんなの声

  • まじでやるのかw
  • なんだこれ
  • 昭和に戻ってる
  • 多すぎだろ
  • もはやクローンじゃねーか
  • 17つ子w
  • 俺のクラスの人数に匹敵する
  • 出産どうやった
  • 母ちゃん哺乳類じゃないだろ

と、衝撃のスタートを切った19話。

17つ子というおそ松さんをはるかに凌ぐ一卵性兄弟だった。

しかしまさかの開始1分でこのような画面が。

聖澤庄之助さん

ということで番組終了に対してみんなの声は?

聖澤庄之助さん終了に対するみんなの声

  • 終わったw
  • 万策尽きるの早すぎだろ
  • ぶっちゃけんな
  • 聖澤さんが可哀想
  • 見事
  • F17まだ?
  • OP作って欲しかった
  • 聖澤庄之助は添えてなんぼ
  • それでもOP最高かよ

まさかこのまま終わったりしないんでしょ?(本編あらすじ)

OP終わってまさかの続投パターンなんでしょ?

と思っていたら普通に『時代劇おそ松さん』と庄之助臭のしないタイトル。

聖澤庄之助の夢の主演はこうして終わった。

脇役の主役化、スピンオフみたいなもんよね。

ユースケサンタマリアや鑑識の米沢さんみたいな。

ここまで短い主役交代も珍しい、1分以内で完結?してしまった。

しかしここでまさかの聖澤庄之助(元主役)の死体が岡っぴき姿のチビ太に発見される。

『てやんでいばーろーちくしょう』の凄まじい連打。

そして泣く。よくわからないスタートだ。

次はMr.フラッグがいじめられているシーン。

というかフラッグをピンピンされている。

そこに『グラサン風来坊』という名のカラ松が助けに来る。

頭がすごいハゲ。

そして刀を抜きルパンの五右衛門並の太刀筋シャキーンのシーンが続く。

切れたのはMr.フラッグと自分だった。

シュールだ。

続いてトッティとイヤミ屋の悪代官の賄賂的なシーン。

イヤミ屋が箱を渡し、二人で悪ーい笑い。

と、トッティが急に冷めて『何入ってンの?怖いよ。爆弾?』

イヤミ屋が爆弾説を否定するがトッティはもう信じない。

イヤミ屋が小さい声で『お金ザンス』と教えてあげるも信じない。

二人は揉み合いになり、箱の蓋が空いてしまう。

結局、2人は爆発した。

爆発エンドは・・

次はホエホエダヨーンコンビが俳句を詠む。

575の見事な俳句の後に『だよ~ん』が付いてしまい字余りになるというお話。

じわじわ来る。

次はシコ・・いや、チョロ松が忍者になり屋敷に忍び込み、ある物を盗もうとしたところ、くノ一のトト子ちゃんに見つかってしまう。

盗もうとしたのはなんとトト子ちゃんが水団の術で使う竹筒。

そう、好きな子の使用済みリコーダー的なやつだ。

渡したくないと泣きじゃくったシコ松であった。

2人の母親だよーん、子供だよーんを双方自分の子だと主張。

困ったホエホエ奉行は2人の母親に両側からホッペを引っ張り合うように命じる。

本当の子供なら心を痛めて手を放すはずだというヨミ。

しかし子供だよーんはどこまでも伸び続けていった。

伸び伸びエンド。

トド菊がお皿を数える話。

めちゃくちゃホラーな顔で現れ通りがかった人を失神させる。

失神後、トド松の手元を見ると、数えているのはエロDVDだった。

『もうれつ町娘』や『過激派くノ一七年生』などのタイトルをエンドレスで数え続けた。

そして朝になり6524枚、1枚足りないよー!もう1枚くらい良くない?という怖い話。

十四松太子様。

14人もの人が同時に話しかけても誰が何を言ったかわかるらしいという噂、部下たちが試してみた。

すると『うるさーい!』と十四松太子様激怒。

みんなをぼこぼこにした。

多分一松だけどどさくさに紛れて『タラッタ。クイズです。』って言ってたような。

ここで時代劇編は終了。

続いては女子松さん。

これあんまり好きじゃないっていう人が多いけど私はなかなか好き。

今回はみんな老けておりみんなBBA。

すごくくだらなかった。

チョロ松ライジング。

おそ松とトッティがいつものクズトークをしていると、チョロ松がまさかの脱アイドルオタクを宣言。

真面目に働くらしい。そのあとフリーハグ。彼女作るなどの宣言をしたことに対してクズ2人は激怒。

ここで自意識が視覚化される。

ライジングの意味は『自意識ライジング』だった。

それはプライドの亜種だと。

チョロ松は自分の手から離れた位置に上った自意識がある。

ライジング思考スキーなんて呼ばれる始末。

おそ松が考えがあると町に繰り出すとカラ松の自意識は黒光りし、既にフリーハグ実行中。

十四松の自意識は宇宙にあるという規模の大きさ。

おそ松とトッティはチョロ松にナンパを薦める。

チョロ松は『1軍は無理』『スタイル良いから無理』『性格良さそうだから無理』と次々と断っていく。

すると、上空でチョロ松の自意識が超巨大になりライジング。

『自意識ビッグバン』

数日後、チョロ松はビジネスマン風になり、スタバーで電話をしていた。

『右クリックからの左クリック、そこはトリプルクリック』なんて言っちゃう自意識の高さがあちゃーというお話。

以上19話まとめでした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でSILVER NOTESをフォローしよう!