売れるアフィリエイト記事の書き方【成果を上げ続ける】

スポンサーリンク

【アフィリエイトの記事の書き方】

稼ぐためのアフィリエイト記事は日記じゃダメ

アフィリエイトを始めてすごく思ったのが記事を書く事の難しさ。若い頃からブログやライターもやってきたはずなのに○○について記事を書かないと!となると何を書こうか考え込んでしまいます。最初に考えたのは関連記事を書いてアフィリエイト広告を載せておくという方法。しかしこれでは相当の文章力とブログパワーがないと成果に繋がりません。何故なら向かっている方向と求める成果が繋がっていないからです。いわば売るものを陳列していてもプロモーションができていない状態。これでは売れません。

ゴールを設定しスタートから遠い事象から考えて構想を練る

まずゴールを設定すること。ここで決める目標は簡単でいいと思います。状況によって変わりますし達成したら次の目標を立てればいいんです。その目標を達成する為に必要となる事を考えて逆算していくことで目標を達成するという考え方です。売上とアクセスとコンバージョン率のような関係です。コンバージョンが何%でいくら売り上げるためにはいくつのアクセスが必要になるか、ということです。

どんな記事を書けば『最終目標』に達する事ができるのか

記事の書き方という観点で見てみましょう。最終目標はアフィリエイト広告の商材を買ってもらう事とします。クリックのみで報酬が発生するものもありますが今回は購入をゴールとします。まず広告主サイトの内容をしっかり把握しておきます。これができていないとどんなプロモーションをすればいいのか見えてきません。今回は広告主サイトで『商品説明』のみだった場合について考えます。商品について元から興味があり調べてみた、または元から買おうと決めていた物でない限り『商品説明』だけで購入までいくのは難しいものです。そこで記事を書く側は考えます。購買意欲をかき立てる為には何を伝えればいいのか。そこには何通りでも行き着き方があります。

『売れる』アフィリエイト記事の書き方

作戦その①『ビックリ大作戦』

ふざけたタイトルですがそのままです。その商品についてのプロモーションを直接的に伝えるレビュー型の書き方による方法です。この商品にはこんなすごい所がある、しかも今なら送料無料、さらにさらに!みたいな通販番組よくありますよね。『マジかよ』と思わせる事の連続により『買うしかない』という思考に辿り着かせるのです。通販番組はなめちゃいけません。プロモーションのエキスパートがマーケティングのプロのサポート付きで本気で取り組んでいる、それが通販番組です。困った時は通販番組を録画して構想を練るのも1つの手です。習う部分がたくさん出てくるはずです。

作戦その②『思いやりを購買意欲に』

作戦その①は『買うしかない』と思わせる方法でしたがその②は『買うことが良いことだと感じさせる』という手法です。例えば商材を『カニ1kg』だとしましょう。カニにはアスタキサンチンという成分が含まれており、その成分は体内で作り出すことができません。アスタキサンチンは『目と脳に良い』『美容に良い』とされています。ここでターゲットが決まります。目と脳を酷使する受験勉強中のお子さんをお持ちの親、または美容に敏感な奥さんをお持ちの旦那様。そこに対してプロモーションをしていくことにより、『カニ1kgを買うこと』が『家族の為になる』という決して同じではないけれどその人にとっては同義な事だと感じさせてあげられるのです。

まとめ『記事を書く上で一番大事なこと』

結局一番大事なのはお客さん目線に立って考えてみる事です。売りたい側の意見など一回捨てて、買いたくなる可能性のある人の気持ちを一番に考えましょう。それが売上げを伸ばす一番の近道であると考えます。皆様のプロモーションが成功しますよう、お祈り申し上げます。最後まで読んで下さった方はすぐ下の広告に1クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でSILVER NOTESをフォローしよう!